新年あけましておめでとうございます。本年も、何卒よろしくお願いいたします。

出かける事もなく、自宅でゆっくりな正月が毎年恒例でして、何をする事もなくアクセスログ解析のスクリプトをぶん回しておりました。

で、昨年7月の開設から昨年末までのアクセスログに見る、当Blogのまとめです。

まず、アクセスブラウザから。

全体の42%がIE、続いてFirefoxが20%といった感じです。

ブラウザのシェアをそのまま表したような感じでしょうか。若干IEが少ないですかね(12月の世界におけるIEのシェアは51%。出典はこちら(marketshare.hitslink.com))。

IEの内訳は↓のような感じです。

企業からのアクセスが多いのですかね。IE 6.xが全体の40%を占めています。IE自体が全体の42%ですんで、全体ベースではIE 6.xの占有率がなんと16%! サポート終了なIE 6.xは非常に危険ですので、できるだけ早めに上位Ver.への移行する事をお勧めします。企業ポリシーで決まっている場合は、なんともはや、ですが……。

続いてIE 8.x、IE 7.xと続きますが、IE 5.xが1.89%、それ以外(IE 3.xとか2.xとか)が0.94%もいるのがびっくりです。まぁ、あくまでもuserAgentベースなので、実態をそのまま表しているとも思えませんが……。

こちらもuserAgentベースの集計ですが、使用OS。

36.5%がWindows XP。企業ベースだと、まだまだWindows XP強し、ですね。とはいえ、サポート終了が2014年4月と決まっていますので、Windows 7や今年リリースされるといわれているWindows 8への移行をご検討ください。Vistaは(げふんげふん

続いて、アクセスランキングです。

2011年で最もアクセス数の多かった記事が

Windows NFS(Network File System)用サービス

でした。

Windows NFS関連の情報が少ないせいか、検索エンジン経由でのアクセスも多かったですね。

意外とヘルプに書いてあるユーザー名マッピング周りのキーワードでのアクセスが多かった模様。

第二位から第五位は↓のような感じでした。

第二位:ユーザープロファイルとフォルダリダイレクト・その2

第三位:XenDesktop Expressライセンスを入手する・驚愕編

第四位:SCVMM2012でXenServer 6.0を管理する

第五位:【動きました】XenServer(Boston)上でWindows8

探してもなかった系な記事が上位を占めた模様です。少なからず情報を提供できていたようで何よりです。

今年も何かしら役に立つような情報を発信していければ、と思っています。

今年も、何卒よろしくお願いいたします。