HP iLO Advanced、便利ですよね。リモートコンソール、バーチャルメディア、管理者が欲しい機能満載です。

だがしかし、この機能を利用する為にはライセンスが必要です。ライセンス購入後、iLO Web Interfaceからライセンスを投入する事により、上記のような素敵な機能が使用できます。

このライセンス、投入はWeb Interfaceから実施できるのですが、間違って別のサーバーに投入してしまうのもよくある話ですよね(キリッ)

以下、備忘録ということで。

いや、で、しこたま焦って調べたのですが、日本語の情報が全くなかったのですよね。

ないなら、自分が書いてしまえ、と(笑)

ライセンスの削除方法ですが、Web Interfaceからはできません。SSH接続の上、CLIから実施します。

CLIからコマンド一発です。

</>hpiLO-> delete /map1 license

status=0
status_tag=COMMAND COMPLETED
Mon mm dd hh:mm:ss yyyy

iLO license removed.

</>hpiLO->

これだけです。

『Mon mm dd hh:mm:ss yyyy』には実際に削除を実行した日時と時間が入ります。

ネタにしかならない備忘録でした。